えぞてくブログ

ITと北海道と日常と、そんな日々を綴ります

いつの間にかロボティクスの人になっていた話

転職をした。まぁ、転職ブログは別途書くので割愛。

6/1に初出社。環境構築と言っても、こちとら管理職やっていたブランクがあるとはいえSES上がり。慣れた作業で2時間もあれば終えてしまう。上長に報告すると、おもむろにPepper関連の技術書を3冊程渡され、面食らう。

入社前から、AIだIoTだブロックチェーンだ、と最近(?)のバズワードを聞かされていたので、まぁ、ある程度の覚悟はしていた。が、Pepperは予想していなかった。

正直、Pepperは興味のスコープからは完全に外れていた。理由は分からないけど、多分、自分のロボット像と比べて「コレジャナイ」感があったのと、気軽には試せないガジェット(お値段的に)ではないかなぁ、と思っている。

専用のIDEをインストールし、Hello,World的な事をエミュレータで試し、ふむふむと技術書を読み進めていると、おもむろに上長が「本だけ読んでいても面白くないでしょう」と言い出す。いや、新しいことを学ぶのは十分楽しいんだが。僕、このPythonSDKでいきますね、などと内心思っている目の前で、おもむろに巨大な段ボールから現れるPepper実機。( ゚д゚)ファ!?

流石に転職1日目にMyPepper支給されるソフトウェアエンジニアはあんまりいないんじゃないかなぁ…。僕ももう結構な年齢だし、色々経験したけど、びっくりだよ。こんにちは、MyPepper。

一番びっくりしたのは、PepperがAIを積んでいないこと。勝手にソフトバンクのネットワークに紐付いて、AI的なものにつながっているんだと思ってた。スタンドアローンだから、我が家のAmazon Echoよりおつむが弱い。なんてこった。

しばらくは楽しめそう。